今朝の朝食

brown rice

今日は、数日ぶりに玄米を炊きました。親戚が作ってくれているお米。ほとんど農薬を使わず作ってくれています。これに、近所の農家の作った大豆を入れて、土鍋で炊きます。そのあと、こうしておひつに入れて、水分を吸ってもらうのです。ほくほくした大豆と、噛むと甘い玄米。それに、母の手作り味噌で作った味噌汁に、自家製の糠みそ漬けのお漬物と、知り合いが作っている有機卵で朝食をとりました。

わたしたちダンサーやアスリートは肉体を激しく使うので、ある程度のカロリーのあるもの、コレステロールも必要かもしれません。(バレエダンサーは食事制限が非常に強いですが)けれど、基本は、「きれいな食べ物」を食べるようにこころがけています。作り手のこころのきれいなもの。土や空気や水のきれいなところで育てられたもの、シンプルだけと愛のあるもの、作り手や土のだいたい分かるもの。体に負担がかからず、その栄養が細胞に幸せにしみわたってゆくようなものを選んでいます。

あまり、ややこしいものを食べると、体に負担がかかりますし、実際に作るのも面倒。こうやってごはんは手をかけて炊きますが、おかずは基本的にシンプル。今日も、おかずは目玉焼きとお漬物だけ。第一、お料理は、食べ物の最終的段階。最初は、土を作り、種をまき、手入れをし、収穫をする。そして、最後がお料理。なので、最初から最後の2番目までに愛情があれば、最終段階はシンプルでも十分だし、逆にシンプルなほうが、その食べ物そのものが美味しく食べられるのではないか、と思います。

玄米をこうして炊くとおひつに入れたり、少し面倒もありますが、素材が生きるやりかたです。そしてなにより、素材によりそって料理をすると、こころが落ち着きます。炊飯器でスイッチを押すのは便利かも知れませんが、ダンスと同じで、近道をしたものに味のあるもの、ホンモノは生まれないと思うのです。

・・・と、いろいろ言ってますが、これから、公演に向けて、写真の整理(スライドショーもします。多分・・・)と振り付けを午後からやります。体力と感性を使うので、やっぱり食べ物、大切です。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s